ロゴ
>Topics>キレイな家の状態を維持するコーティングのプロや電気屋

電気工事は有資格者に依頼しよう

電気工事には危険が伴うため、専門の資格を有している人に依頼をするのがベストです。自分でできることと有資格者に依頼をするべきことの見極めは、しっかりと行いましょう。

キレイな家の状態を維持するコーティングのプロや電気屋

リフォーム

実績と評判を確認して業者に依頼することが大事

電気工事を請け負う電気屋は数多くありますが、大切なのは「信頼してお任せできる業者を選ぶ」ということです。その業者がこれまでどのような仕事を行ってきたのか、またそれに対する評判はどうだったのかを事前にチェックしておくことで、失敗を防ぐことができます。身近な人にリサーチするのも良いですが、インターネットを活用するとより手軽に広範囲の情報をチェックできます。

電気工事に関する疑問

女性

具体的に、どんなことを依頼できますか?

電気工事士が請け負う仕事は多岐にわたります。照明器具の入れ替えやテレビの配線から、エアコン関連の工事まで幅広く対応可能なので、まずは電気屋に問い合わせてみてください。

フローリングもキレイにしよう

電気工事にだけ目を向けずに、皆が上を歩いている床にも目を向けてみてください。フローリングは、部屋の中でも目につきやすい部位の一つです。きれいなときにしっかりとコーティングしておくことで、劣化を防ぐことができます。

フロアコーティングの種類

インテリア

アクリルコーティング

アクリル系のコーティングは、いわゆる「ワックス」と呼ばれるもので、比較的安価に施工できます。とはいえ長持ちするものではなく、定期的な施工が必要です。

ウレタンコーティング

コーティングの中でも、古くから行われているのがウレタンコーティングです。艶感が控えめで元の風合いを楽しみやすい一方で、こちらもあまり長持ちしないという特徴があります。

ガラスコーティング

非常に硬いガラス成分を塗布してコーティングするので、硬度があり長持ちするという特徴があります。またペットが床を舐めても安全で、高く支持されています。

シリコンコーティング

アクリル樹脂にシリコン樹脂を混ぜて作ったコーティング剤を使用しています。強度はありますが、5年から10年程度で劣化してきてしまいます。

UVコーティング

20年以上の耐久期間を誇り、またペットや子供への安全性も高いのですが、施工費用が高いというデメリットもあります。光沢感が出るので、好みが分かれるという特徴もあります。

広告募集中